大腸がんの恐ろしい実態を知る|突然発覚する病

医者

痛みを和らげる

まずがんを小さくする

病院

がん治療の中で、がんの痛みを和らげることは大切な要素です。がんは初期の段階では痛みを感じませんが、進行してくると徐々に痛みを感じるようになります。末期では強い痛みを感じて、生活の質が落ちてしまうことがあります。がんの痛みを小さくするには、がん自体を切除するか、がんを縮小するのが良い方法です。初期の段階だったら、手術で癌を取り除くことができます。現在は医学が発達しており、内視鏡を使えば体に小さな穴を開けるだけで済みます。放射線を当てることによって、がんを小さくするがん治療もあります。この治療は癌の病巣に直接放射線を当てるので、痛みや副作用が少ないメリットがあります。これらのがん治療がうまく行って、がんがなくなるか縮小すれば、痛みはおさまります。

痛みを薬で抑える

手術や放射線治療が効果がないときは、がんの痛みが強くなります。特に末期になると痛みが強くなるので、患者さんの苦しみが大きくなります。そんな時でも、痛みをできるだけ小さくするがん治療があります。このタイプの治療では薬がよく使われます。例えば、医療用麻薬のモルヒネを使うのは良い方法です。モルヒネは飲み薬だけではなく、注射や貼り薬、座薬などがあります。飲み薬を使えない時は、これらの薬を活用して痛みを和らげます。現在はステロイドも使われるようになってきました。ステロイドには強力な抗炎症作用があります。それが有効に働いて、がんの痛みを改善します。ステロイドの他には一般の鎮痛剤のアスピリンなども使うことができます。