大腸がんの恐ろしい実態を知る|突然発覚する病

医者

痛みを和らげる

病院

がん治療では痛みを和らげることが重要になります。がんは進行すると痛みが強くなるので、患者さんの精神面に大きな負担がかかってしまうのです。手術や放射線治療でがん自体を良くする方法だけでなく、痛みを取る方法や薬を使って痛みを和らげる方法についても調べておきましょう。

標準治療以外の選択肢

治療

がん細胞が全身に転移した末期がんの患者さんにとって、従来は副作用の大きい抗がん剤が唯一の治療手段でした。小さい副作用で同様の効果をもたらす免疫治療では、患者さん自身の免疫力を利用してがん細胞を減らしていきます。利用可能な病院は限られますが、実施している先進医療機関では高い治療成果を上げています。

身近ながん

日本人に多いと言われている大腸がんの症状や治療方法について分かりやすく書かれているのがこちらのサイトです。

40歳以上は要注意です

医者

がん罹患数は年々増加しており、がんによる死亡者数は全死因の中の1位となっています。一生のうちに、2〜3人に1人はがんに罹ると言われています。大腸がんは男性のがんによる死亡者数では、肺がん胃がんに次ぐ第3位、女性では第1位となっています。40歳以上になると罹患率が上がり、男女比では男性の方が女性よりも大腸がんの確率が高いです。大腸がんは他人事ではなく誰でも罹る恐れのある病気です。大腸は、長さ約2メートルあり消化された食べ物の水分を吸収しながら便を作る器官です。回盲部から始まり、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸、肛門と続きます。大腸がんは結腸がんと直腸がんの総称です。日本人はS状結腸がんと直腸がんが多い傾向にあります。次に大腸がんの症状や原因について見ていきます。

早期発見が大切です

原因は、赤みの肉の摂取や加工肉の摂取など食生活の欧米化と言われといます。これら食べ過ぎず、魚屋野菜も取り入れたバランスのよい食事を心がけると良いです。大腸がんの症状としては、早期ではほとんど自覚症状はありません。病状が進むとしだいに、腹部膨満感、便秘と下痢を繰り返す、細い便しか出ない、血便、下血などの症状が出ます。大腸がんは、ポリープと呼ばれる良性の腺腫を放置するとがん化することが知られています。ポリープはがん化する前に発見できれば、大腸カメラで切除することができます。ポリープ以外にも腸の粘膜から直接発生するがんがありますが、こちらも早期に手術できれば、高い確率で完治します。早期発見、早期治療がとても大切になってきます。そのためには便に血液が混じっていないか調べる検査を年に一回は必ず受けるようにしましょう。痔からの出血でも、この検査は陽性になるので、陽性が出たら必ず内科や外科、肛門科を受診し、痔の出血なのか消化管からの出血なのか判別してもらいましょう。

日本人に多い大腸がんとは

看護師

直腸がんは大腸がんの一種で、肛門近くの直腸にできる腫瘍です。日本人の大腸がんの5分の2が直腸がんで、生活習慣を改めることにより防ぐことが可能です。治療方法は手術や抗がん剤、放射線療法で、直腸は臓器が多く、多臓器にダメージを極力与えない手術方法や、自分の免疫細胞を活用する免疫療法が中心になっています。